Fate/Zero 1話

やばいやばいやばい、これはやばいって。何で今年はこんなクオリティ高い作品ばっかり出てくるんだよ。EDはわけもわからず20回以上見てるけどずっと鳥肌だよどうなってんだ。
まあまだ一話なので、どのキャラも饒舌に設定を語りますなーという印象だったが、最後の召喚で盛り上げての締めは実に上手い。久し振りにセイバーに会えたことだしもう言うことない。

今回はとにかくED(今後のOPなんだけど)が凄く良かった。映像と音楽が合わさるとここまでのものになるとは。まさしく劇場版と言える迫力。OPは即購入決定。音源単体でも死ぬほど格好良い。これがこれから毎回あの映像と合わせて聴けるってだけで生きる気力が湧いてきた。一話から飛ばしすぎだよマジで。おれ含む原作信者たちは間違いなく嬉し泣きレベル。

説明多いなーとは言われてるけど、だからこそ一時間にして正解。今回でキーとなる説明はほとんどしてるので、次回以降からは手に汗握る戦闘が楽しめるはず。いやーこれはヤバい、予想以上のワクワク感に圧死しそう。
作画も一時間に渡って一切崩れることはなかった。黒塗りの丁寧さや小道具・風景…よくこれだけの緻密な作画を保っていられるよなあ。これをあと24回続ければゼロは完全無敵と化すかもしれぬ。

あと男キャラみんな良い声してて何か面白かった。声だけ聞いててもいいくらいだ。その場合は小説持ってないとダメか。やっぱ終わったあとじゃなくて今小説を買うべきだな。

ちなみに今話題にもなってる雁屋おじさんはすごく良いおっさんだ。キャラスレが異常なまでに伸びるのも納得のキャラクタ(原作では空気だったらしいんだけどこれはアニメスタッフの力か)。桜を抱くシーンの演出が良すぎてもう…

取り敢えず設定は全て把握してるので次回からが楽しみで仕方なくて平日は無気力で過ごす事になりそうだ。今年と来年の春はもうこのアニメを観る事だけに自分の全ての力を注ぐ(冬は偽物語を死ぬほど楽しむ予定)。他の事は知らん。もうどうにでもなっちまえばいい。

広告を非表示にする