読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語

観てきました。不思議なことに見る前までネタバレが全くと言っていいほど流れてこなくて、はて何故だろうと思っていたのだけど、映画を見て納得してしまった。これはネタバレとかそういう次元に関わる内容ではないし、面白いとかいう尺度も通用しない、ただそうなることが極めて自然であるかのようにあるべき場所へピースがはまったと言うべき物語だろう。虚淵玄という人間を知っているものにとってこれはひとつのハッピーエンドだと理解もできる。

で、ここから先ネタバレ全開で感想書こうと思ったんだけどちょっとした事情につきそれが出来なくなってしまった。なのでさわりの部分(ほんの少し書いたところまで)だけ。身の回りの問題が片付いたら書くかもしれないし書かないかもしれません。




虚淵玄が述べていたようにテレビアニメが鹿目まどかの物語ならこの劇場版は暁美ほむらの物語だ。まどかが女神になってしまった以上、暁美ほむらはその対となる悪魔になるしかなかった。まどかが普通の人間なようで実はもっとも人間からかけ離れた存在であったのに対して、ほむらはどこまでも冷淡なようでいて実は一番人間らしかった。全体のことを考えて女神になったまどかと己のことを考えて悪魔になったほむらという対比は人間の善と悪そのものを切り取って提示されているようで生々しい。元々ほむらは「まどかを救う」というただそれだけの願いで魔法少女になったわけで、つまりは根本からまどかに依存した存在であったため、最後にまどかを独占したいと願うのはいたって当然、まさに人間の性というところだろう。

魔法少女まどか☆マギカ」が回文であることから我々は「作中において何かが対比されている」ということに気付くべきだった。魔法少女まどか☆マギカという作品の主人公がまどかともほむらともとれることを利用して、劇場版は完全にほむらの物語と位置づけることで逆にテレビアニメ版を完全に「まどかのの物語である」と視聴者に納得させる手腕は素晴らしかった。対比・対立といえば魔法少女の「何かを願ったぶんだけ自分を捨てなければならない」というシステムそのものもそれに当てはまる。願うことで少女は一生魔法少女として生きなければならない。

まどかとほむらが離れていくのに反比例するかのようにさやかと杏子の距離は縮まっており、そこで奇数の端として巴マミが弾かれないようにベベ(お菓子の魔女)を仲間として登場させた。結果として今回登場した魔法少女は6人になったが最終的にほむらが悪魔に身を落としてしまったので総体的な人数は変わらない。世界もほむらによって二度改変(?)されて見かけは1話開始時点とほぼ同じ場所に収束していく。しかしルールを捻じ曲げてまどかを独占しようとしたほむらの問いかけに対して、まどかがほぼ無意識に「ルールは守らないといけない」と返答したことで交わる可能性よりも対立する可能性のほうが高いと察せられるし、何よりほむらが悪魔になることをまどかが容認するはずもなく、そうなるとこの物語はバッドエンドのように見えるかもしれないが、現在地点でのほむらからするとこれは立派なハッピーエンドであるしその領域は不可侵だ。さやかという存在も悪魔になって事象の一部を書き換えたほむらにとっては恐るに足らない。







この続きはまたいつか。