読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローゼンメイデン TALE 4 「天使の黒い羽根」

  • 真紅とジュンの関係が嫁姑に見えるのは置いといて、そろそろ本格的に他のドールがやってくる頃かと思ってたら予想通り銀様こと水銀燈が現れて党員の皆様がテンション上がってた。おれは水銀燈の良さが乳酸菌のネタ以外ではあまりわからないのだけど、今回は水銀燈が拗ねてる様子が良かった(しかしおれは永遠の雛苺派)。旧アニメでこれをやってほしかった。
  • 水銀燈は単体のイメージ強すぎてマスターの存在忘れてたのだけど、今回でようやく思い出した。旧アニメに比べかなり成長してるけど言動が痛々しいところは変わってない。水銀燈も引くレベルで頭おかしいというのが重要なところ。それでも相性は合ってるので力の受け渡しが成立する。
  • キラキショウ云々の話より真紅と水銀燈の小競り合いの方が面白いので定期的にやってほしい。演出も二人の絡みは決してシリアスに見せずに箸休めの一環として処理してるのが良かった。さすがに次回予告だけでは視聴者は癒せない。
  • 本編が面白いのは事実なんだけどまだ予告における店長と大天使斎藤さんの会話パートを超えられていない。