読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛ラボ #08 「ワイルドな君へ……」

  • 元々ツッコミの人間はボケをできても元々ボケの人間は中々ツッコミを上手くやれない、というのは歴史が証明している事実だし今現在のバラエティ番組とか見ても実力あって出番多いのはツッコミやってる人間だったりする。仕切りとかも上手いし。
  • したがって恋愛ラボはツッコミ役であるリコがその役目を放棄してボケに走ってしまうとまともに話が転がらず機能不全に陥ってしまうのだけど、そうならないための保険としてサヨの存在が機能している。基本的にボケしか出来ないマキが唯一ツッコミ側に転じられるマキオを利用してるのもサヨの狡猾さが現れている。
  • サヨが生徒会やめるあたりの話は着々と厄日という名目でフラグ建ててたので自然な導入だったけど、スズが急にやさぐれていくのはやっぱ「あれこういうキャラだっけ」という違和感ある。今までだってコンプレックス結構あったのにその一つを突かれただけで激昂するというのはマキと仲良くなってきたとかそういうことか。