読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある科学の超電磁砲S #19 「学園都市研究発表会」

  • なぜこのアニメは話の要所にロリ要員を出動させるのかはよくわからんが今のところどのキャラクタも特定のツボを突くようにメイキングされており、やっぱ禁書シリーズはロリキャラの方に力入れてるんだなーと複雑な気分になる。フェブリの作画の美しさが他のキャラのそれとは一線を画しているのもその証左。
  • メインの女性陣たちが悉くフェブリに陥落させられる様子を見るだけでも問題なく充足感を得られるのだけど、あらゆる人間に対して心を開いていくフェブリが唯一美琴にだけはまるで心を開かないというのがレベル5という存在の孤高性と噛み合ってて面白かった。
  • フェブリというキャラは外部の人間に意図的に記憶とか操作されて送り込まれて、サーチ系の能力持ってるせいで無意識にレベル5を避けてるのかと考えたのだけど、行動や様子からどうも今の状態が素っぽいので風斬と似たような存在自体が何らかの鍵になるパターンらしい。