読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンタジスタドール #8 「玉ねぎたまたま 文化の祭り?」

  • 前回によって頭のネジが外れている時の方が面白いとわかったので元の路線に戻ってしまうことが悲しかったのだけど、まさかの二連続頭おかしい話が続いて狂喜乱舞しました。おれが求めているのは全編にわたって頭おかしい話で、今回はAパートで学祭の出し物とかパンとかたまにしか頭おかしい要素が入ってなくて「元に戻ってしまった…」と思ったんだけど、Bパート最後の戦闘のわけのわからなさで全部挽回できた。
  • メタ的な映画を作ったりさり気なくラスボスの雰囲気を漂わせたりとかそういう気配りはよく出来ているのだけど、肝心なストーリー進行が荒っぽいのはどうにもならなそうなんで、再び協力攻撃によりささらが射出されないと面白くならない気がして不安だったが「玉ねぎを切ることで相手の目を眩ませて倒す」という子供騙しにすらなっていない戦闘を見せ付けられて愕然とした。おれはこの発想を一生かけても捻り出せないだろう。
  • うずめの行動原理って他のキャラクタに比べて曖昧で、いまいち何のために戦っているのかわからなくて悶々としてたこともあり、戦闘そのものに意味があるのではなく、戦闘に至るまでの過程に意味があった前回と今回の話は素直に面白かった。