読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有頂天家族 第九話 「夷川の娘・海星」

  • 話は比較的穏やかな方だったけどエフェクトや背景美術が冴えてて視覚的な刺激は多い。赤玉先生の部屋では視点の上下は無いものの、やはり頑なに上座と下座の位置は守られていて、どうしようもなく覆ることのない天狗と狸の力関係が提示される。
  • 今回は夷川家唯一の良心こと海星がメインなんだけど、衝撃だったのは海星の姿が普通に描写されてしまったことだ。原作では最後まで姿を見せず、読者にもその容姿が明かされないまま終わる、そのミステリアスな存在が魅力に直結しているキャラだったのに普通に顔出ししてしまったので想像の余地がなくなってしまった。しかも風呂場で顔出しという謎の状況。
  • これは原作の意図を汲み取って欲しい部分だったのでかなり落胆したのだけど、まあアニメとしては海星の姿を見せておいたほうが良いのかなーと思い直して何とか許容することができた。海星の容姿がこれにより完全に固定化されてしまったのは勿体ないけどメディアの違いと割り切って諦めるしかない。
  • それ以外の部分は特に問題なかった。前回がかなり波乱万丈といえる回だったので今回のこの穏やかさはバランスがとれてて(原作と流れは同じなんだけど)良かった。次回は原作通りなら個人的に一番気に入ってるシーンが出てくるはず。