読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある科学の超電磁砲S #23 「革命未明(Silent Party)」

  • オリジナルといいつつだいぶ既視感のある話になってきたんだけど、そこは見せ方次第でどうにでもなる。キャラや設定が違うとかそういうのはどうでもよくて、どのようなアプローチで問題を解決するか、あるいはその解決までの過程を工夫することでいくらでも多様性が生まれる。
  • 妹編では誰かに助けを求めることが出来なかった美琴が今回はフェブリを救うという目的を明確にした上で友人たちに助力を求めるという変化を示したことで、今度は布束が誰かに助けを求められるように変化していく様子を自然に見せることができた。
  • 禁書における上条当麻の意思を美琴が継いでいる、その描写をオリジナルの話で明確にするのは意外だった。全員が最初から一致団結してひとつの敵に立ち向かうという構図はこの超電磁砲シリーズにおいては今まで存在せず、「全員が笑えるハッピーエンド」という上条の理念を聞いていた美琴がその言葉をしっかりと記憶していたことになる。
  • 1期の時のテレスティーナ戦とは違って「総力戦」という事実をかなり意識的に提示しているのでこっちの方が面白い。負の印象を植え付けていた屋上から見える紫色の空を今回の戦闘前夜(未明)で正の印象に逆転させたのも演出として上手かった。