読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星刻の竜騎士 第1話 「少年と竜」

ディスイズライトノベルという雰囲気が纏わり付いた世界観やキャラクタや台詞回し。定型にハマりまくったシナリオに辟易してしまうのだが、思っていたより作画が安定していたのでまあ見れなくはないな、というところ。「見れなくはない」という感想を抱いたアニメに限って後半視聴する気が失せるので先行き不安だがそこらへんはアニメーションではなくシナリオの方でカバーしてくれると幸いです。

可もなく不可もない、1話段階では特に惹かれる部分のないアニメだった。良くも悪くも引っかかりがないので印象に残りづらい。ある程度まで先が見えてしまうシナリオの浅さも目に付く。ファンタジーにしては妙に世界観が安定していないのも気になる。やはり最近のアニメは何かに特化していないと決定打に欠けて求心力を失う、というのが常のようだ。

次から次へと現れる新しい登場人物を頭に叩き込むのはおっさんなので本当につらい。あと新しく現れる登場人物のためにストーリーが動かされている感じがするのも精神衛生上よろしくない。知人が「そこそこ読める、そこそこ読める...」と言いながら原作読んでたのを思い出して中々虚しい気持ちになるのだけど、本編の内容を完全に無視したようなテイストのEDが訪れた瞬間に「ああEDにパワー全振りしたのか」と納得してしまった。しかしおれが見たいのはシナリオがしっかりした作品なんだ...OPやEDで遊んでいるアニメではないんだ...