読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年ベストアルバム

続きましてベストアルバムです。これを書き上げる頃には魂のステージがひとつ上がっていることと思います。

海外


50. East India Youth『Culture Of Volume』



49. SUSANNE SUNDFφR『Ten Love Songs』



48. Alex G『Beach Music』



47. Stereophonics『Keep the Village Alive』



46. Surfer Blood『1000 Palms』



45. Car Seat Headrest『Teens of Style』



44. Leprous『Congregation』



43. Evan the Death『Expect Delays』



42. Unknown Mortal Orchestra『Multi-Love』



41. Alex Bleeker and the Freaks『Country Agenda』



40. Kisses『REST IN PARADISE』



39. Desaparecidos『Payola』



38. FOALS『What Went Down』



37. HURTS『Surrender』



36. MEW『+ -』



35. Matthew E White『Fresh Blood』



34. New Order『Music Complete』



33. British Sea Power『SEA OF BRASS』



32. Kacey Musgraves『Pageant Material』



31. Ghost『Meliora』



30. The Maccabees『Marks to Prove It』



29. Duran Duran『Paper Gods』



28. Baroness『Purple』



27. Hot Chip『Why Make Sence?』



26. The Decemberists『What a Terrible World: What a Beautiful World』



25. Fidlar『Too』



24. Sarah Kirkland Snider『Unremembered』



23. Chilly Gonzales『Chambers』



22. Hop Along『Painted Shut』



21. Family Machine『Houses That You Lived in』



20. Martin Courtney『Many Moons』



19. Joanna Newsom『Divers』



18. Tame Impara『Currents』



17. Carly Rae Jepsen『Emotion』



16. Julia Holter『Have You in My Wilderness』



15. Bjork『Vulnicura』



14. Dungen『ALLAS SAK』



13. Neon Indian『Vega Intl. Night School』



12. METZ『Ⅱ』



11. Fall Out Boy『American Beauty/American Psych』



10. Noel Gallagher's High Flying Birds『Chasing Yesterday』



9. Skylar Spence『Prom King』



8. My Morning Jacket『Waterfall』



7. Smallpools『Lovetap!』



6. Bobby Caldwell & Jack Splash『COOL UNCLE』



5. Last Dinosaurs『Wellness』



4. kidsaredead『The Other Side Of Town』



3. Now And On Earth『Blacked Out』



2. Titus Andronicus『The Most Lamentable Tragedy』



1.Natalie Prass『Natalie Prass』


国内


50. 真空ホロウ『真空ホロウ』



49. OGRE YOU ASSHOLE『workshop』



48. 三森すずこ『Fantasic Funfair』



47. SUPER BEAVER『愛する』



46. 髭『ねむらない』



45. THE BACK HORN『運命開花』



44. eastern youth『ボトムオブザワールド』



43. B'z『EPIC DAY』



42. Chouchou『ALEXANDRITE』



41. MAGiC OF LIFE『Storyteller』



40. ジェッジジョンソン『テクニカルブレイクス・ダウナー』



39. 図書館『図書館の水源郷』



38. nano.RIPE『七色眼鏡のヒミツ』



37. Mr.Children『REFLECTION』



36. サザンオールスターズ『葡萄』



35. ピロカルピン『a new philosophy』



34. 小倉唯Strawberry JAM



33. 内田彩『Blooming!』



32. Ao『イデア



31. 奥華子『プリズム』



30. tacicaLOCUS



29. Trident『Blue Snow』



28. JELLYFiSH FLOWER'S『ジェリーフィッシュフラワーズⅢ』



27. KNOCK OUT MONKEY『Mr.Foundation』



26. 吉井和哉『STARLIGHT』



25. back number『シャンデリア』



24. 中田裕二『LIBERTY』



23. TRIPLANE『non no』



22. ねごと『VISION』



21. ウワノソラ'67『Portrait in Rock 'n' Roll』
f:id:shinmeikai:20160202014650j:plain
Portrait in Rock'n'Roll (CD) / ウワノソラ'67 | UWANO...



20. 南條愛乃『東京 1/3650』



19. 飯田里穂『rippi-rippi』



18. KEYTALK『HOT!』



17. JUJU『WHAT YOU WANT』



16. 内田真礼『PENKI』



15. SPACE BOYS『ALL VIEW』



14. 水樹奈々『SMASHING ANTHEMS』



13. doa『FLY HIGH』



12. 中島卓偉『煉瓦の家』



11. LACCO TOWER『非幸福論』



10. 花澤香菜Blue Avenue



9. Rhodanthe*『FIRST*MODE』



8. LUNKHEAD『家』



7. TRUSTRICK『TRUST』



6. Large House Satisfaction『SHINE OR BUST』



5. アーバンギャルド『昭和九十年』



4. SCOTLAND GIRL『As I am』



3. 新川忠『Paintings of Lights』



1. 女王蜂『奇麗』『失神』



1.fhana『Outside of Melancholy』






今年はどこのベストを見てもケンドリック・ラマーやらジェイミーやらコートニー・バーネットやらグライムスやらスフィアン・スティーブンスやらが上位にランクインしていて、(すげえのは分かるけどもう見飽きたわ…)という感じだった。あのですね、「凄い」と「好き」って必ずしも等号で結ばれないわけですよ。世界的に有名な楽団のオーケストラを聴いたり、ゴッホの『ひまわり』を見たらそりゃ「凄い」とは思うけど、それを「好き」になるかというのはまた別の話でしょう。そういうことです。


誤解しないでほしいのだけど、おれはケンドリックもジェイミーもコートニーも凄いとは思っている。凄さは痛いほど実感している。だが好きにはならなかった。ただそれだけの話である。で、メディアなんかの年間ベストのノミネート基準は「凄い」で、個人の年間ベストの基準は「好き」になる(だから今年は好き嫌いに関わらず上記のアーティストが多くランクインしている)。インターネッツで年間ベストを発表するような自意識発露マンたちがその年に何を好きになったか、というのは(良し悪しは別として)極めて興味深い。


しかしApple Musicの襲来により「聴きたいけど買うほどじゃねえな…」というラインの新譜をモリモリ聴けるようになったので結果的に1年間で聴いた作品数が去年の約+100になってしまった。しかも聴いてめっちゃ良かったやつは後で現物を買っているしおれは何処に向かっているのかさっぱり分からない。助けてくれ。