読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げんしけん 二代目 10話 「snow man」

  • 物凄く久々にダウナーオタクの闇を圧縮したようなげんしけんらしいダークな話で見応えあったけど、波戸って存在自体が矛盾してるのでどう転んでも幸せな結末を迎えられないのが悲しくはある。
  • 波戸のオタクに関する負のエネルギーはかなり高濃度で、一番やばいのは本人がその全てを理解していないということだ。BLが好きだという自分は異端だと認識してはいるものの、女装することに関しては特に何の躊躇いもないのがオタクの自己矛盾そのものを体現していてかなり痛々しい。
  • 腐女子の友達の話とかよく聞くんだけど、話の途中から生々しさをセーブできなくなるところがあるのは確かなので(勿論全員に適用されるわけではない)、そうした人間から見ると神永というキャラクタは非常にリアルじみている。
  • 波戸のセクシャリティへの変化はずっと前から気になっていたんだけど神永が直球で突っ込んでくれてすっきりした。まあ斑目への感情は保留されたままだろうし、この気持ちを処理するのはまだ先の話なので今敢えて掘り起こす必要はないという判断らしい。