BEST TRACKS OF 2017

2017年は自分史上最悪の年であった。やることなすこと全てが上手くいかないのはもちろん、家族の病気の発覚や親族の手術ミス、付き合いの長い人や尊敬する人たちや恋人との別れ、仕事での上層部との度重なる衝突と軋轢…書いていても楽しいことが一切思い出せない、そんな日々の繰り返しだった(後厄だからか?)

早く2017年終わってくれ…という気持ちを抱いて挑んだ年末は23時に睡魔に襲われ、目が覚めたら朝の10時だった。おれの2017年はおれが認識しないうちに終わっていた。

そんな2017年はあまり音楽が聴けなかった。現実世界が本気でつらすぎると本も音楽も楽しめないということがよく分かった1年だった。死にたい死にたいと譫言のように毎日呟いていたら、職場でも無意識に呟いていたらしく、同僚に本気で心配される一面もあったが、仕事もおれの精神を蝕んでいる要因の1つなので、とにかく不労所得で生活したいという気持ちを述べて有給を小刻みに取って日々早帰りなどしていた。

以上のような精神状況の中で選んだ2017年ベストです。まずは曲から。

続きを読む

Best Albums Of 2016

ようやく2016年を締める時が来た。今年は評論家がこぞって大豊作収穫祭だと息巻いているが、個人的にはそんな感じではなかった。少なくとも年間1位クラスの作品が15枚近く現れた怪物の時代こと2009年には遠く及ばない。が、年々、労働で擦り減らした肉体と精神にスーッと聴いてくる耳当たりの良い音楽にハマっていくようになり、ああこれが歳を重ねるということなのだと実感している。

しかしこの歳になって新たなジャンル、すなわちヒップホップの分野を開拓できたのは大きかった。おれは歌詞をほとんど聴かない派だったのだけど、日本語ヒップホップを聴くようになって圧倒的に歌詞を意識することが多くなった。ちなみに海外の曲の歌詞は基本的に音の一種として処理しているのでおれは未だに海外のヒップホップを好きになれない(Nasだけは超好き)。

それでも日本語ヒップホップと他の曲とではまだ自分の中での聴き方が違うので、今回はヒップホップだけ別枠で順位をつける(国内ヒップホップ、海外、国内の3つに分ける)ことにした。東京生まれヒップホップ育ちのB-BOYになりたいだけの人生だった。

続きを読む