読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジンボーン 第1話 「闇からの訪問者」

まさかこれが今期の作画アニメ筆頭候補に名乗りを上げることになろうとは思ってもみなかった。細田守系統のキャラデザに特に惹かれる部分のないシナリオのイントロダクションだけ見て完全に舐め腐っていた。最近のデザインに慣れすぎたせいかキャラの顔に陰影ついてないと違和感抱きまくりの不健全マンになってしまったのだけど、やはりこうしたアニメを定期的に摂取することでた治療できる余地はあるのだと希望をも得られた。それとここ数年の小さい子供向けのアニメは深夜アニメを凌駕するものばかりなのでマジンボーンもその波に乗ってくれればいい。

コメディっぽいタッチで描かれることが多い中でふと真剣な顔が出てきて、そうした緩急というかギャップみたいなものが引っ掛かってくる。その引っ掛かりを気にしているといつの間にか本筋に雪崩れ込んでいて、これは構成が上手いのだなとわかる。「何かはわからないが、確実に何かが起こっている」という事実をこちら側にゆっくりと伝達する。アニメの序盤においては、キャラクタ紹介や世界観の提示の他にもアニメ全体の雰囲気を形成するという重要な作業もあるが、このアニメはキャラクタや世界観を極めてシンプルに作り上げているので1話時点から独自の空気を醸成できる。

「隕石が自宅の庭に落ちてくる」という衝撃的なイベントが起こったにも関わらず、生命の危機を感じさせないのは前述したキャラデザだったりリアリティを排除してギャグ漫画のような表情を見せることが多いからだろう。不安要素は今のところドラゴンボールとか権利的に大丈夫なのかという心配と、今回の導入がピークにならないかという尻すぼみ現象くらいなのでスタートダッシュには成功してるといえる。取り敢えずこのアニメの方向性を早めに示してくれればいいです。